<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

キッシュ

懸賞 2008年 03月 29日 懸賞

e0134929_5332345.jpg


キッシュ大好き!
パイ生地はフープロで簡単さくさくです。
20x20の角皿で作りました。

バター100g
薄力粉120g
水おおさじ3−4
塩少々

バターは1−2センチ角くらいに切って、ラップなどでくるんで
冷凍庫にいれます。
その間にフープロを用意。
薄力粉、塩をいれて少しまぜます。
バターを取り出し(夏なら10分以上はいれておいたほうがいいかも)
フープロにいれて5から10秒かけます。
バターのだまがなくなったら、水(夏場は氷水)を
まず大さじ3ほど加え、フープロにかけます。
水が足りないようだったら(10秒以上たってもがたんがたんと
ならない場合)もう一杯加えます。
10秒程度で大きなかたまりができてくると思うので、
すぐに止めます。

ラップにくるんで、冷蔵庫でねかせます。

その間にキッシュの中身。
卵6個
生クリームと牛乳100ccずつ
まぜておく

野菜いろいろ
(今回はコジェット、赤と緑のパプリカ、マッシュルーム)
ベーコン

野菜とベーコンは食べやすいサイズに切って、
ニンニクとオイルでちょっとしんなりするまでいためます。
ベーコンの塩気がこい場合は塩こしょうしないでコショウのみでも。
ミックスハーブを少々加えます。

パイをのばします。
パイ皿にそっとのせ、はみ出た分は切り落とします。
から焼きをしてもいいし、しなくても。
今回はから焼きなしで作ってみました。
野菜をパイにのせ、そこに卵液(ナツメグを少し加えるといい)
をかけます。
チェダーチーズをおろしたもの(ピザ用チーズでおk)
を上からかけます。

200度のオーブンで30−40分焼いたらできあがり。
できたては切ると崩れる。
けど熱い方がおいしいです。
翌日さめたのを切ってチンしてもいいけど。
[PR]

by tamamarecipe | 2008-03-29 05:34 | オーブン料理

肉まん

懸賞 2008年 03月 24日 懸賞

e0134929_822766.jpg

肉まん作った!
HBに生地はおまかせなので、けっこうらくちん。
生地のレシピはネットでみつけたものを参考にして、量を二倍にしました。
また、粉は薄力粉と強力粉を3:2くらいで作ってみました。
が、もしかしたらもうちょっと薄力粉の割合が多くてもいいのかも。

アンは、551の豚まんを参考にしました。
つまり、シンプル。
豚肉、タマネギ、のみ。
味付けは醤油と砂糖ベース。
ちょうどちょっと前に作った角煮の煮汁が残っていたので
それを加えて作ってみました。

イギリスの粉は無漂白なので、ちょっと茶色っぽいです。
よくみるとつぶつぶがみえる。
全粒粉ではないよ。
e0134929_822317.jpg


最終的には24個も作ったw
冷凍しました。
[PR]

by tamamarecipe | 2008-03-24 08:23 | 海外和食

バターミルクのスコーン

懸賞 2008年 03月 21日 懸賞

e0134929_8173825.jpg

バターミルクを使用することによってさくふわになるイギリスの
スコーンのレシピです。
色がつきにくいので砂糖を少し加えてあります。
でもスコーンはやっぱり甘くもなく卵もないタイプが一番
オーソドックスでおいしい。
冷凍できます。

約8個分
薄力粉250g
ベーキングパウダー小さじ2
砂糖大さじ2
バター60g
バターミルクまたはヨーグルト120ml〜

粉類はあわせてふるっておく。

バターを1−2センチ角くらいに切って、指で
つぶしながら粉とまぜあわせる。
パン屑をめざします。
砂糖をくわえる。
バターミルクをちょっとずつ加える。
ひとつにまとまるまで、足りないようならさらに加える。
粉をふるった台の上に取り出し、綿棒で2.5センチくらいの
厚さにのばし、型抜きする。

180度に予熱したオーブンで10−15分焼く。

クロテッドクリームとイチゴジャムでいただきます。
クロテッドクリームが手に入らない場合は、一番濃いクリームを
コーヒーのフィルターでこすというのを繰り返して
フィルターに残ったのがそれっぽいと聞いたけど
試したことはないです。どうだろう?
[PR]

by tamamarecipe | 2008-03-21 07:05 | 焼き菓子

ブルーベリースクウェア

懸賞 2008年 03月 21日 懸賞

マフィン生地とクランブル生地の間にベリーを挟んだ焼き菓子。
ラズベリーもあったので一緒にいれてみました。

e0134929_233601.jpg


20x20の型

マフィン生地
薄力粉250グラム
ベーキングパウダー小さじ1
(あわせてふるっておきます)
砂糖130g
バター100g
卵1個
牛乳120ml

クランブル生地
砂糖100g
薄力粉85g
バター50g

ブルーベリー(冷凍可)1カップ
砂糖適量

マフィン生地を作る
1、バターを泡立て器でよく混ぜる。
白っぽくなったら砂糖を加えてさらに混ぜる。
2、溶いた卵を2回くらいにわけてさらに混ぜる。
3、牛乳、粉類を交互に2回くらいにわけて
ゴムベラで切るように混ぜる。
4、型に流し入れる。
5、ブルーベリーをしきつめる。

クランブル生地を作る
1、パン屑のようになるまで
バターを指でつぶすようにして薄力粉をまぜる
または
フープロに粉とバターをいれるとらくちん
2、砂糖を加える

ブルーベリーの上にふりかける。
さらに分量外の砂糖を上にふりかける。(お好みで)

170−180度に予熱したオーブンで
40分から50分ほど焼いてできあがり。
[PR]

by tamamarecipe | 2008-03-21 06:51 | 焼き菓子

調理場

懸賞 2008年 03月 17日 懸賞

このブログは自分で作ったり実験したレシピを簡単に記録するために書いているので、細かい分量がのっていないこともあります。
でもお菓子はなるべくちゃんとしたレシピを載せています。
主食、副菜という概念があまりないので、だいたい一皿料理が多いです。

参考にしているレシピ元があればそれぞれのレシピに書いてあります。
[PR]

by tamamarecipe | 2008-03-17 23:58 | このブログについて

バターチキンの作り方

懸賞 2008年 03月 09日 懸賞

バターチキンって、辛くないカレーです。
かなりおいしい!レシピはだいぶ自己流です。

油大さじ2
タマネギ2個
ニンニク2片
ショウガ1片
ターメリック小さじ1
フェンネルシード小さじ1/2
クミンシード(パウダー)小さじ1
塩こしょう
トマト缶
クリーム1カップ
バター 1センチくらいのスライス分
アーモンドパウダー大さじ2
アーモンドスライス 適量

とりもも肉大2枚
ヨーグルト1カップ
パプリカ小さじ1
カレー粉小さじ1〜2

まずは鶏肉とヨーグルト、パプリカ、カレー粉をまぜあわせて
つけおきます。
できれば30分以上から一晩。

鶏肉はグリルして焼き色をつけます。

タマネギ、ニンニク、ショウガをフープロにかけてペースト状にします。
油をあたためたら、ペーストを投入、いためます。

e0134929_865661.jpg


e0134929_872986.jpg


鶏肉の焼き加減をチェック。

いたまってきたら、ターメリック、フェンネルシード、クミンシード(パウダー)
をいれて、香りがでるまでいためます。

鶏肉をまたまたチェック。

トマト缶をいれて一煮立ち。

アーモンドパウダーとクリームをいれてさらに一煮立ち。

e0134929_882022.jpg

鶏肉をグリルから取り出し、一口大に切って
カレーの中にいれます。鶏肉に完全に火が通るまで
煮ます。

e0134929_89082.jpg


アーモンドスライスをグリルかフライパンでから煎りします。

バスマティライスをよそって、バターチキンをかけて、
上からアーモンドスライスを振りかけてできあがり。
クリームがあまっていたら少したらすとみかけがいいです。
e0134929_892490.jpg

[PR]

by tamamarecipe | 2008-03-09 08:22 | 煮込み料理

インドカレー

懸賞 2008年 03月 06日 懸賞

インドカレー大好き!
チキンティカマサラ風のカレーです。

相変わらず目分量です。
鶏肉、4人分=モモなら大2枚くらい
ヨーグルト 2カップくらい
スパイス (クミン、コリアンダーシード、
ターメリック、パプリカ、ガラムマサラ、チリ、カレー粉など)
タマネギ2個
ニンニク2かけくらい
ショウガひとかけ(親指大くらい)
水 カップ半分くらい
トマトの水煮缶 1缶
塩こしょう
あれば蜂蜜
油 適量
あればシナモンスティック

スパイスをすべて混ぜ合わせます。
分量は小さじ2ずつくらい。
パプリカ、ガラムマサラは大さじ1ずつくらい

ヨーグルト半量にスパイスの半量を投入。
それを鶏肉にかけて、鶏肉に下味をつけます。
そのまま30分以上〜一晩おきます。
ヨーグルトにつけるとお肉がやわらかくなる!
しかも長くつけるとどんどん味もしみてやわらかくなる。
科学的検証するテレビ番組でやってましたw
信じてますw

オーブンを200度で予熱。

さて、その間に、タマネギ、ニンニク、ショウガを
みじん切りか、すりおろします(フープロでがーっと。)

オーブンに鶏肉をいれます。

大きめの鍋に油をしいて(けっこう多め。大さじ3くらい)
ここで葛藤。
シナモンスティック、高い。
もし、お金と心に余裕があったら、油があたたまったら
シナモンスティックを投入。
ちょっとふつふつってしたらすぐ取り出します。
香りを油にうつすためです。
で、シナモンスティックの出番終了。もう油につかっているから
再利用もできないw涙目w

さて、その油にタマネギなどのすりおろしたのを投入。
軽くいためます。
いたまったら、残りのスパイス投入。
香りがでてきたらトマト缶投入。ちょっと煮立てます。

オーブンから鶏肉を取り出します。
ちゃんと中までやけてなくても平気。
食べやすいサイズにカットします。
やけどに注意。

お鍋に鶏肉をいれて、さらに残りのヨーグルトをいれて煮込みます。

あったら蜂蜜いれて塩こしょうして完成!

さらにあったらコリアンダー(香草)を上にかざります。
ご飯はバスマティライスをサフランで炊きます。
ナンも作っちゃいます。
[PR]

by tamamarecipe | 2008-03-06 07:15 | 煮込み料理

チョコチップクッキー

懸賞 2008年 03月 05日 懸賞

アメリカ版クックパッドみたいなサイトみてて
みつけたクッキーのレシピ。
そのままではだいたい甘過ぎたりバターの量がはんぱない。
それにイギリスで手に入らない材料だったりもする。

ので、参考にしつつ。改良してみました。
カップは240ccのアメリカサイズです。

チョコチップクッキー 約24個分
薄力粉 2カップ または250g
重曹 小さじ1弱
バター 150グラム
三温糖(ブラウンシュガー)と
グラニュー糖あわせて1カップ弱 または200g
カスタードのもと 100g
卵2個
バニラエッセンス 小さじ1
ミルクチョコレート(チップ)カップ1または200g

カスタードのもと、っていうの日本で手に入るのかわからないです。
もともとのアメリカのレシピには、プディングの素とありましたが、
それはなかったのでカスタードの粉末で代用してます。
日本では、粉末プリンというのがあるのであれでもいいのかな。
ゼラチンの分量がどうなんだろう。。。ゼラチンタイプではなく、
コーンスターチタイプだといいんじゃないかな。

作り方は至って簡単。
チョコレートは板チョコの場合は1センチ角くらいに刻んでおきます。
バターを10−20秒レンジでちんして柔らかくしたら
泡立て器でよくまぜ、砂糖を加えてさらに混ぜます。
白っぽくなったら卵をいれて混ぜ合わせます。
そこにカスタードのもとをいれて、バニラエッセンスも加えて
混ぜます。粉類はふるいいれ、泡立て器からへらへ持ち替えます。
粉がまざったらチョコチップをいれます。

けっこう固めの生地ができあがるので、円柱型(直径4センチくらい)に
まとめ、1センチ強くらいの厚さにスライスして
クッキングシートをしいた天板に並べます。
横にはあまり広がらないので、間隔はあまりとらないでも平気です。
175度に熱したオーブンで11−12分。
あまり焼きすぎないのがおいしいです。

焼き上がったら、そのままさまして、さめて少し固くなったら
シートからはがします。
かなりおいしい♪
砂糖はずいぶん控えてみました。

e0134929_6273747.jpg

[PR]

by tamamarecipe | 2008-03-05 06:28 | 焼き菓子

魔女の宅急便のニシンのパイ

懸賞 2008年 03月 05日 懸賞

魔女の宅急便、大好き。
ニシンのパイ、いったいどういう味付けなんでしょうか。
あのアニメ、町並みはイタリア風、でもパン屋はドイツっぽい。
でもそこはかとなくただようイギリスっぽさ。

で、イギリスでのニシンのパイについて調べてみたら、
お芋とニシンのクリームソースのパイのレシピ発見。
ちなみに、リンゴをいれるレシピもあったけど、
リンゴが残念ながらなかったので、それはまたの機会に。

とりあえずお芋とニシンのパイを作ってみました。
ベースはホワイトソースです。
ニシンはherringです。いつもお魚屋さんになくて、
金曜日の早いうちにいったら売ってたー
しかも安い!

e0134929_673573.jpg


とってもおいしかったです♪
今度はリンゴのパイを作ったらちゃんとしたレシピうpします。

これは、普通にホワイトソースをニシンにかけただけなので。
[PR]

by tamamarecipe | 2008-03-05 06:08 | オーブン料理

懸賞